調理師免許の取得方法

男女

調理師になるためには、主に2つの方法があります。1つ目は、調理師を育成する専門学校に入学して1年間以上勉強することによって、無受験で調理師を取得することができます。2つ目は、飲食店で2年間以上実績経験を積み、調理師試験を合格することによって調理師免許を取得することができるのです。どちらのルートも一長一短ですが、調理師の専門学校の場合は、料理を基礎から学ぶことができます。自分の用途によって選択するようにしましょう。最終的に調理の現場に出た場合には、実務経験が重要視されます。だから、実務経験が豊富な飲食店で2年間以上を務めることがいいと思われる方もいますが、調理師の専門学校では、実際に調理の現場での実習が多いため、しっかり専門学校でも実務経験を積むことができるのです。また調理師の専門学校の場合、現役の料理人から様々なものを学ぶことができます。いろいろな料理を見ることができ、プロの料理人からアドバイスなどをもらうことができるのは、調理師の専門学校のメリットとなるのです。調理師の専門学校では、様々な料理に対してコースが分かれているのです。そして、海外でも学べるチャンスもあります。そのように、自分の視野を広げたいのであれば、調理師の専門学校がいいでしょう。最近では、日本食が海外のブームとなっており、日本食のニーズが増えています。日本食を調理師の専門学校で学んで海外でお店を出す人も少なくないのです。もし、将来海外でお店を出店したいのであれば、調理師の専門学校に行きプロの料理人から海外出店に対してのアドバイスももらえるかもしれないのです。自分の将来を見据えた上で、最善の選択していきましょう。